気づき・学び・神経の繋がり

数学、物理、宇宙、テレビ番組、社会、政治、経済、歴史、人物、教育、人工知能、四季、言語、宗教、差別、スポーツ、音楽、アニメなどについて

人工知能社会における表現活動    2014/09/20

 人工知能は、多くの情報から傾向を見出し、同じ傾向の物事を創造することができる。だから、以下のようなゲーム風用語を膨大にインプットすれば、その後、人間が考える必要が無くなる。以下に、ゲーム風用語の一例を示す。


● FF12
断裂の砂地・砂風止む地・砂原の天板・砂紋の迷宮・砂段の丘・幼き水晶のほとり・星ふり原・巨獣の足跡・秘められた路・陽炎立つ地平・砂漠の回廊・竜のねぐら・死者の谷・守壁の間・南翼の通廊・暁光の間・火炎の回廊・攻壁の間・北翼の通廊・沈黙と変動の台座・暗きを愛でる路・海の止まり・砂時計の谷・砂落ちる闇・異端を誘う岩窟・地の森・黄砂のたどりつく地・岸壁の回廊・ふりそそぐ空・風化する岸辺・やませおろす橋・岩板のそびえる路・灰白のひさし・天空へ続く路・頂をのぞむ山道・水音の伝わる処・蒼き天辺・空の果てを知る尾根・命消えし水辺・永遠を見下ろす高台・霧のさざめく路・陽を探す路・声を失った路・緑岩の地・なげきよどむ地・追憶の地・まどろみへ誘う平原・はげましを受けた地・滅びし王家の広場・力宿る回廊・白き約束の回廊・ゆらぎなき理の間・気高き者たちの間・美しき調べの間・大いなるなぐさめの間・勇なる望みの間・光満ちる回廊・光明の間・白砂の小路・色失う谷間・銀流の始まり・凍りつく歩み・氷結するせせらぎ・風花散る小路・氷竜の骨・解けることなき流れ・銀流の果て・遠謀の回廊・具眼の守護・英明の回廊・高風の回廊・秘する神の御所・対面の守護・破幻の歩廊・黙示の回廊・剣王の守護・覇者の間・修練の広間・条理の回廊・離別の回廊・鋼鉄の守護・暁光の台座・烈士の像・幻妖の森・ゆがみうつろう路・現を惑わす路・古の終わる処・においたつ花の路・白魔の愛でし路・英知の氷原・思の最果て・影の舞う路・導きの宮・精霊の住む大樹・森をうやまう路・先人の記憶に遺されし路・遠き日の都・いのりを秘めて歩いた路・はるかなる時の庭・至次の狭間・至次の境域・始原の旋回廊・黒き石室・かわき満たす広場・愚者の壁・黒封の祭壇・封滅の層・験真の層・封隠の層・幻惑の層・受難の層・ささげし狭間・封殺の層・暗影の層・闇昏の層・陰裏の層・至頂の旋回廊・古き者たちの丘・やすらぎの大地・古き想いの眠る地・天に続いていた道・三界交わる草原・裂けた大地・昏き道・全てを見通す地・決断の途・名もなき泉・終焉と旅立ちの庭・失われた街道・怒れる神と対する広間・修道者が息をつく場所・明るき闇と対する広間・暗き光と対する広間・迷いを捨てる路・時の氷洞・自らを見出す路・巡礼の扉・修験の扉・封魂の扉・天をあおぐ部屋・選ばれし者の部屋・誘惑を振りほどく路・定めを受け入れる路・むかい風の路地・すきま風の路地・獅子の紋章・鷹の紋章・断罪の魔石・裁きの大剣・黒の珠の凝塊


● DQⅩ
久遠の森・夢幻の森・落陽の草原・忘れられた書庫・怪剣士の塚・雪原の廃墟・野獣の巣・雲上湖・荒野の枯れ井戸・強さの果て・神の洗礼・死者の叫び・聖者の天秤・超天道士の遺産・名を継ぐ者・高みを目指す者・託された希望・森の断罪者・精霊の試練・復活の三賢人・神々の黄昏・死を呼ぶ少女・忘れられた誓い・罪深き薔薇・王宮の魔法戦士・いにしえの聖賢・呪われし友・仙者の霊薬・戦いの呪縛・死神の審判・果てなき修練・紅き落日の誓い・砂漠に眠る秘宝・至高の名水・黄金の秘宝・大いなる砂漠の象徴・罪深き英雄・忍び寄る闇・大いなる機器の胎動・聖竜の神話・闇に眠りし王・偽りの星詠み・大地の竜玉・海魔の眼甲・昏き世界の慟哭・暗き海淵の禍神


● 印象的な語
霊 果て 神 闇 獣 魔 竜 陰 光 天 〇〇き(形容詞) 巨 古 時 王 慟哭 定め 名もなき 選ばれし 紋章 罪 沈黙 呪 瀑布 魔瘴 辺境 まなざし 継承 爪痕 契り 英雄 宮 理 


● 考察
このような語彙は、日常生活、一般社会、学校、学問、図書館、スポーツ、マスメディア等で聞かない特別な語彙だ。これらは、不思議で、想像力を掻き立て、冒険心を湧き立たせる。これらの語彙と同じ印象を与える多くの語彙に触れると、特定の語の組み合わせであることに気づく。これらを組み合わせると、意図的に多くの語群を築くことができる。 


 同じことは、宝塚風の名前など、パターンのある全ての物事に対して可能である。不器用な主人公が努力・友情・特殊能力等で大成する漫画は、場面設定や絵のタッチ等を変えているだけで、主な筋は変わらないので、人工知能が作ることができる。同様に、ハリウッド映画も作れる。売れる曲もパターンがあるので作れる。すると、人の表現活動には、何が残るのか。それは、全てであろう。すなわち、人工知能が作れても、人は作るのである。なぜなら、その行為自体が楽しいからである。多くの人間が働かなくても、食料、水、エネルギー等が充足され、労働から解放される世の中になれば、表現活動を経済的に行う必要が無くなる。よって、人工知能が仕事としての創作活動を賄っても、人は歌い、踊り、作り、描く。