気づき・学び・神経の繋がり

数学、物理、宇宙、テレビ番組、社会、政治、経済、歴史、人物、教育、人工知能、四季、言語、宗教、差別、スポーツ、音楽、アニメなどについて

人の年齢と死    2014/10/04~12/23

 人は、長生きの人も早逝の人もいる。「それぞれの人は、どのような年齢差にあるのか。」「それぞれの人は、自分とどのくらい年齢差があるのか。」「随分昔に有名だった人と現在有名な人が意外と同年齢である場合があるが、誰と誰か。」「次に亡くなりそうな人は誰か。」「今、自分が死ぬことは、他の人と比べて、どのような意味があるのか。」このような疑問をもったことにより、以下の情報を集めた。これは、自分を知ることであり、自分の死を見つめる行為である。つまり、多くの人々と同じようにいつか死ぬということに対する心の準備をする行為である。
※名前の右にある数字は、2014年12月31日現在の年齢である。
※ここに挙げた人物は、自分の生い立ちにかかわりのある人達、影響を受けた人達である。世界では、ここに載っていない人もたくさん生まれ、生き、亡くなっている。しかし、この小稿の目的は、私が自分自身を知ることであるので、全てを網羅する必要がない。また、どこまでを「有名」人とするかは、個別的なものである。自分の趣味の世界によって、「有名」人は異なる。さらに、全ての人々の誕生を網羅することは、役所でも不可能である。
※カッコ内の数字は、左が「もし現在まで生きていればいくつかという年齢」で、右が「逝去西暦年」である。つまり、左の数字-{2014-(1900+右の数字)}=死没年齢である。
※カッコ内には、正式氏名・通称名・団体名・グループ名・職業等を記している場合もある。


芦田愛菜10渡辺麻友20きゃりーぱみゅぱみゅ21能年玲奈21石川佳純21ももち(嗣永桃子)22石川遼23浅田真央24錦織圭25田中将大26辻井伸行26大島優子26松浦亜弥26福原愛26 坂本勇人26福島千里26MayJ26黒木メイサ26加護亜依26新垣里沙26亀井絵里26堀北真希26梨花26ジエゴコスタ26メストエジル26リオネルメッシ27ノバクジョコビッチ27レディーガガ28ラファエルナダル28セルヒオアグエロ28木村沙織28ダルヴィッシュ有28浅尾美和28柳原可奈子28クリスティアーノロナウド29宮里藍29寺川綾29白鵬29中川翔子29島袋寛子30ベッキー30土屋アンナ30宇多田ヒカル31矢口真里31二宮和也31松本潤31上原多香子31今井絵理子31小倉優子31前田愛31北島康介32吉田沙保里32倖田來未32イアンソープ32深田恭子32熊田曜子32ビヨンセ33ロジャーフェデラー33セリーナウィリアムズ33安達祐実33内山信二(内山くん)33MEGUMI33乙葉33




●一個下
広末涼子34壇蜜34優香34小池栄子34眞鍋かをり34竹内結子34榎本加奈子34松坂大輔34朝青竜34小島よしお34末續慎吾34玉木宏34水樹奈々34鬼束ちひろ34ヴィーナスウィリアムズ34マルチナヒンギス34ロナウジーニョ34シャビ34田臥勇太34妻夫木聡34鈴木奈々34保田圭34遠藤保二34吉岡美穂34小嶺麗奈34佐藤隆太34山田まりや34優木まおみ34嘉門洋子34
●同年齢
上原ひろみ(JAZZ)35小野信二35高原直泰35稲本潤一35アンドレアピルロ35ディエゴフォルラン35ジュリオセザール35マイケルオーウェン35堂本光一35堂本剛35篠原ともえ35ともさかりえ35吉川ひなの35奥菜恵35阿部慎之助35仲間由紀恵35上村愛子35しずちゃん(山崎静代)35春日俊彰(オードリー)35降谷建志(Dragon Ash)35高島彩(アナウンサー)35上地雄輔35蛯原友里35押切もえ35小林麻耶35森田剛(V6)35三宅健35国仲涼子35魔裟斗35遠野なぎこ35ピートウェンツ35窪塚洋介35小橋賢児35楽しんご35
●一個上
コービーブライアント36ダークノヴィツキー36中村俊輔36フランクランパード36澤穂希36浜崎あゆみ36持田香織(ELT)36椎名林檎36MISIA36矢井田瞳36長瀬智也36ISSA(DA PUMP)36TENN(上原多香子の夫/36-‘14)岩崎恭子36為末大36井上康生36武幸四郎36DAIGO36小泉孝太郎36長谷川京子36菊川怜36中山エミリ36矢田亜希子36雛形あきこ36釈由美子36石黒彩36遠藤久美子36京野ことみ36浜口京子36金子貴俊36鳥羽潤36なかやまきんに君36ニッチロー36乙一36


中田英寿37ティエリアンリー37ビンスカーター37安室奈美恵37菅野美穂37松たか子37宝生舞37観月ありさ38綾小路翔(氣志團)38インリンオブジョイトイ38桜塚やっくん(38-’13) 尾田栄一郎39タイガーウッズ39アレンアイバーソン39杉山愛39内田有紀39葉月里緒奈39ビビアンスー39鈴木蘭々39鈴木一朗(イチロー)40高橋由美子40宮沢りえ41野口健41木村拓哉42マツコ・デラックス42YUKI(JUDY & MARY)42堀江貴文42貴乃花42熊川哲也42はるな愛42高橋尚子42小林綾子42飯島愛(42-’08) オセロ中島知子43酒井法子43藤原紀香43岡村隆史44中山美穂44和久井映見44クルム伊達公子44 羽生善治44宮藤官九郎44辰吉丈一郎44マライヤキャリー44hiro(EXILE)45槇原敬之45福山雅治45武豊45伊良部秀輝(45-’11) 石井潤46大塚寧々46つんく♂46野茂英雄46薬師寺保栄46伊集院光46セリーヌディオン46井上雄彦47松岡修造47三浦知良47奥居香(岸谷香)47坂井泉水(ZARD/47-’07)小泉今日子48鈴木保奈美48文仁親王妃紀子48・マイクタイソン48ジャネットジャクソン48太田光49尾崎豊(49-’92)稲葉浩志(B’z)50山口智子50薬師丸ひろ子50林家たい平50近藤真彦50三原じゅん子50hide(50-’98) マイケルジョーダン51ジョゼモウリーニョ51松本人志51ホイットニーヒューストン(51-‘12)松田聖子52武藤敬司52バラクフセインオバマ53中井貴一53浅野温子53佐渡裕53ゆでたまご53香川伸行(53-’14)浅野ゆう子54齋藤孝54船越英一郎54アイルトンセナ(54-’94)マジックジョンソン55石井竜也55山口百恵55春風亭昇太55田中好子(キャンディーズ/55-’11)小室哲哉56久本雅美56山田五郎56飛鳥涼56未唯(ピンクレディー)56臼井儀人(56-’09)マドンナ56マイケルジャクソン(56-’09)大竹しのぶ57ラモス瑠偉57ラリーバード57夏目雅子(57-’85)秋元康58小堺一機58島田紳助58山田隆夫58ビルゲイツ59千代の富士59桑田佳祐59明石家さんま59野田秀樹59鳥山明59所ジョージ59江川卓59具志堅用高59スティーブジョブズ(59-’11) 中村勘三郎(59-’12) 安倍晋三60松任谷由実60小林幸子60松平健60ワレリーゲルギエフ61秋本治61関根勤61山下達郎61ウォーレンクロマティ61さだまさし安西マリア(61-’14)夏木マリ62天地真理62笑福亭鶴瓶62松坂恵子62長州力63山本リンダ63藤圭子(63-’13)和田アキ子64志村けん64萩原健一64スティービーワンダー64八代亜紀64細川たかし646代目三遊亭圓楽 64綾小路きみまろ64矢沢栄吉65武田鉄矢65錦野あきら65糸井重里65市村正親65やしきたかじん(65-’14)都はるみ66沢田研二66枡添要一66大塚範一66泉谷しげる66スティーブンタイラー(Earo Smith)66北野武67小田和正67泉ピン子67稲川順二67高田純次67星野仙一67三遊亭小遊三67今いくよくるよ67スティーブンスピルバーグ67加藤和彦(67-’09)美川憲一68堺正章68吉田拓郎68フレディーマーキュリー(68-‘91)吉永小百合69タモリ69逸見政孝(69-‘93)久米宏70みのもんた70田中真紀子70高橋英樹70横山やすし(70-’96)アントニオ猪木71関口宏71田村正和71橋幸夫71加賀まりこ71加藤登紀子71桂文枝(三枝)71加藤茶71尾崎紀世彦(71-’12)スティーブンホーキング72小泉純一郎72松本幸四郎72上岡龍太郎72地井武男(72-’12)宮崎駿73アレックスファーガソン73倍賞千恵子73萩本欽一73徳光和夫73安藤忠雄73アブドーラザブッチャー73ザ・ピーナッツ(伊藤ユミ(73-’12)・伊藤月子73)植村直己(73-’84)鳥越俊太郎74立花隆74王貞治74浅丘ルリ子(リリー)74デヴィスカルノ74ちばてつや75中村玉緒75細川護煕76細木数子76石ノ森章太郎(76-’98)ジャイアント馬場(76-’99)島倉千代子(76-’13)加山雄三77伊東四朗77北島三郎77美空ひばり(77-’89)小渕恵三(77-’00)橋本龍太郎(77-’06)小林カツ代(77-’14)野沢雅子78桂歌丸78長嶋茂雄78桂歌丸78立川談志(78-’11)野村克也79小沢征爾79美輪明宏79倉本聰79蜷川幸雄79エルビスプレスリー(79-’77)筑紫哲也(79-’08)赤塚不二夫(79-’08)田原総一朗80正田美智子皇后80藤子A不二雄80愛川欽也80ユーリイガガーリン(80-’68)児玉清(80-’11)牧伸二(80-‘13)大内順子(80-’14)今上天皇81黒柳徹子81浅利慶太81菅原文太(81-’14)高木ブー81藤子F不二雄(81-’96)淡路恵子(81-’14)田中邦衛82三浦雄一郎82石原慎太郎82小林亜星82山田康雄(ルパン三世82-’95)青島幸男(82-’06)谷啓(82-’10)大島渚(82-’13)すぎやまこういち83勝新太郎(83-’97)いかりや長介(83-’04)永井一郎(83-’14)宇津井健(83-’14)高倉健(83-’14)レイチャールズ(84-’04)マーティンルーサーキングジュニア(85-’68)オードリーヘプバーン(85-’93)手塚治虫(86‐’89)渥美清(86-‘96) 林家木久扇87刑事コロンボ(ピーターフォーク87-’11)昭和天皇(88-’89)マリリンモンロー(88-’62)植木等(88-’07)桂小金治(88-’14)橋田壽賀子89力道山(90-’63)三國連太郎(91-’13)司馬遼太郎(91-’96) 水木しげる92小野田寛郎(92-’14)南部陽一郎93ヨハネパウロⅡ世(93-’05)森光子(94-’12)宮澤喜一(95-’07)やなせたかし(95-’13)中曽根康弘96田中角栄(96-’93) ジョンFケネディ(97-’63)エディットピアフ(99-’63)三笠宮崇仁親王99黒澤明(104-’98)岡本太郎(103-’96)レイチェルカーソン(107-’64) 坂口安吾(108-’55)香淳皇后(昭和天皇皇后111-’00)齊藤秀雄(112-’74)ウォルトディズニー(113-’66)宮沢賢治(118-’33)ベーブルース(119-’48)松下幸之助(120-’89)パブロピカソ(133-’73)アルベルトアインシュタイン(135-’55)チャイコフスキー(148-’93)フロイト(158-’39)ニーチェ(170-’00)伊藤博文(173-’09)福澤諭吉(179-’01)吉田松陰(184-’59)フランツリスト(203-’86)


◆訃報2014まとめ ( ※ 氏名の左の数字は死没月日を、カッコ内の数字は死没年齢を表す。)
1/3やしきたかじん(64) 1/11淡路恵子(80) 1/16 小野田寛郎(91) 1/20クラウディオ・アバド(80) 1/23小林カツ代(76) 1/27 永井一郎(82) 2/28まどみちお(104) 3/7 ネルソン・マンデラ(95) 3/14 宇津井健(83) 3/15 安西マリア(60) 3/30蟹江敬三(69) 4/8周富徳(71) 4/30渡辺淳一(80) 6/8 桂宮宜仁親王(66) 7/3春一番(47) 8/11ロビンウィリアムズ(63) 9/7李香蘭(94) 9/20土井たか子(85) 9/23 宮沢光子(65) 9/25TENN(上原多香子夫・36) 9/26 香川伸行(52) 10/30 大内順子(80) 11/3桂小金治(88) 11/10高倉健(83) 11/23 中島啓江(57) 11/28 菅原文太(81)


●考察(編集後記)
・多くの人々に、自分の年齢、自分の人生に関わる人々の年齢、誕生、逝去年等をまとめ、把握することを薦める。それは、これが主観的な歴史書となるからである。


・35歳で亡くなったマーティンルーサーキング牧師は、現在、日本の英語の教科書にスピーチが載っている人物であり、早逝ではあっても、有意義な人生であったと言える。だから、早く死ぬほど価値がない人生だったと言うことはできない。これにあてはまるのは、手塚治虫(60)、美空ひばり(52)、渥美清(68)、ユーリイガガーリン(34)、力道山(39)などであろう。しかし、飯島愛、逸見政孝、桜塚やっくん、伊良部、アイルトンセナ、ホイットニーヒューストン、坂井泉水(ZARD)、尾崎豊などの早逝者を振り返ると、もっと長生きしてほしかったと思う。つまり、生きることの価値は、その人が成したことの大きさだけでなく、同時代の人間から生きていてほしいと思われる量によって計ることもできるということである。


・亡くなってはいなくても、早めに社会的第一線から身を引いた矢口真里、酒井法子、中島知子(オセロ)、飛鳥涼、島田紳介、吉田拓郎、みのもんたなどは、「仕事を辞めて生き続けることは価値があるのか」ということを考えさせる。しかし、山口百恵、奥居香(岸谷香)、中山美穂など、結婚して引退した者は、強い感銘を与えない。また、マイケルジョーダン、千代の富士、マイクタイソンなどのスポーツ選手や、ピンクレディー、キャンディーズなどのアイドルは、引退してかなり時間がたつのに、まだ若いことに驚く。しかし、これらの職業の全盛期が10~20代であることを考えれば当然だ。よって、第一線から身を引く、その引き方が重要である。つまり、引退した後も幸せかどうかということだ。


・自分の年齢を中心に有名人を並べると、自分より上の年齢の方が多い。これは、0~35が35~100よりも少ない数だから当然である。また、人生で何かを成すことは、0~35歳よりも35歳以上の方が多いからだということに原因を求めることもできる。普通、学童期や10代に大成することは稀である。つまり、私より若い年齢枠で名前が挙がっているのは、35歳-20歳=15歳の幅で名を成さなければならないので、少ない。よって、私の人生は、これからということを示している。まだ、死んではならない。


・この小稿は、飲み会の話題として何時間ももち、互いのことを知り合うためにとても良いものである。


・歴史上の人物、例えば、福澤諭吉、ニーチェ、吉田松陰などは、私からの『時間的距離』が、想像していたよりも近い。歴史上の人物でも、師匠の師匠程度、つまり2代遡るだけで手の届く存在だ。この間に、ペリー来航、江戸無血開城、日露戦争、タイタニック号沈没、第一次世界大戦、飛行機長距離飛行、世界恐慌、5・15事件、盧溝橋事件、原子力の利用、第二次世界大戦、ピカソ、EC→EU、冷戦、遺伝子の発見、エベレスト初登頂、手塚治虫とディズニーによる漫画アニメの興隆、月面着陸、ベトナム戦争、モハメドアリ、ビートルズ、安保闘争、行動経済成長、ファミコン、バブル崩壊、ベルリンの壁崩壊、Windows95、阪神淡路大震災、GPSの利用、サリン事件、アメリカ同時多発テロ、東日本大震災及び福島第一原発事故、ニュートリノ発見、IPS細胞の発見、シェールガスの発見があったのだ。人の人生は、あっという間で、何万冊も本を読むことはできないと言うが、この事実を知ると、結構長いとも言える。この後に続く出来事は、平成天皇崩御、富士山噴火、全人口の全行動のモニタリング&記録&分析ができる計算能力と記憶量を備えたコンピュータの利用(ビッグデータ)、煙草が1000円を突破、気温1℃海表面温0.5℃上昇、太陽活動の活発化、東京オリンピック、書籍の無料化、リニア新幹線開通、ロボットの能力が人間を上回る、遺伝情報に基づく治療、宇宙の起源の解明、火星有人到着、人口80億人突破、食料の無料化、エネルギーの無料化などが起きるはずである。


・この年表に同僚の名前を入れると、先輩から初任者まで、大して年齢幅がないと感じる。私と新採者の吉田松陰までの『時間的距離』は、14:15程度の比である。


・ケネディ暗殺の日は、11月22日で「いい夫婦の日」である。


・アメリカ同時多発テロのあった9月11日が誕生日の者は、ベッケンバウアー、泉ピン子、O・ヘンリー、ナウマン、涼風真世、文仁親王妃紀子、矢作兼、小藪千豊、虻川美穂子、である。逆に、9月11日の逝去者は、石橋正二郎、夏目雅子、臼井儀人、谷啓である。